ランドセルの歴史|男の子には頑丈な牛革ランドセルを検討しよう
ランドセルナビ

ランドセルには長い歴史があります

ランドセルの歴史

ランドセル

ランドセルの歴史は江戸時代から

ランドセルの歴史は古く、その始まりは江戸時代にまで遡ります。ランドセルの始まりは幕末に輸入された、軍隊で利用されていた布製の背のうとされています。この軍隊用の背のうが、明治時代になるとランドセルという名前がつけられました。

現代の形になったのは

最初はリュックサックに近い形であった背のうが現在の姿になったのは、明治20年頃です。そこから3年後に素材が黒革となって、更に先の明治30年にはほとんど現在と変わらない形状となりました。そして世相に合わせて進化を繰り返しています。

よくイメージされるランドセル

一般的にランドセルというと、やはり男の子は黒、女の子は赤のイメージが強いでしょう。しかしながら最近では子供の感性や個性を育むため、よりバリエーション豊かになっています。

最近のランドセル事情

最近はランドセルのメインカラーだけではなく、縁取りのカラーや刺繍が入ってきているものまで非常にランドセルの種類が増えています。夜道で光るような工夫がされていたり、光を反射するような素材が使われていたりと、安全面にも配慮がされています。

子供だけではなくファッションアイテムにも

バリエーションが豊かになったことで、ランドセルは世界的にも人気なかばんとなりました。子供だけではなく、ファッションにも取り入れられたこともあって認知度は非常に高くなっています。

広告募集中